toggle
Hula Halau Kapuakeaフラハラウカプアケア フラダンス教室 横浜市 横浜校 あざみ野校 体験募集中 あざみ野貸しホール
2020-06-30

Yumiの課外授業【ハワイの女神3Kahalaopuna 前編】

ALOHA

 
ハワイの女神シリーズも3人目となりました。

日本では梅雨の女神がパワー全開のようですねでも、雨上がりに虹が見れたら、何だか幸せな気持ちになりますよね。
オアフ島マノアでは毎日虹が見られます。それは虹の女神カハラオプナがいるからなのです。

今回も登場人物が多く紛らわしいので、初めに主な登場人物を紹介しますね。

 

《登場人物》 男性は青字女性はピンクで記載します。

 

祖父 アカアカ Akaaka

マノア渓谷の山の尾根

 この2人の間に双子の兄妹が産まれる 祖母 ナレフア Nalehua 

マノア渓谷に根付くオヒアレフア

          ⇓

父 カハウカニ Kahaukani

マノアの風の神

その双子の兄妹が結婚し、カハラオプナが産まれる       カウアクアヒネKauakuahine(又はトゥアヒネTuahine) マノアの雨の女神

                                            ⇩     

許婚 カウヒ      カハラオプナ ———- マハナ 若き村のリーダー

カハラオプナ Kahalaopuna
主人公。絶世の美女美しさのあまり頭上に虹がかかっています。

絶世の美女⇒私の事

ハワイのオヒアレフア オヒアは木、レフアは花

 日本にもレフアが!!と思い近付いて見たら少し形が違いました。『ブラシの木』というそうで花が瓶などを洗うブラシに似ているからその名前が付いたそうです。でも、図鑑で調べてみたら、どちらもフトモモ科の植物でした。

カウヒ Kauhi
カハラオプナの許婚 カイルアの酋長 サメの神カモホアリイ(ペレの兄)の血筋

プエオ Pueo(フクロウ)
カハラオプナのアウマクア※1(守護神) 

クマヌア Kumanuaとケアワア Keawaa
世間で評判の悪い男たち

 

—虹の女神 カハラオプナの伝説—

昔々、マノア渓谷に住むアカアカナレフアという夫婦に男女の双子が生まれました。
双子はアカアカの従弟たちのところに別々に養子に出されました。
男の子カハウカニは首長のところへ、女の子カウアクアヒネは女首長のところで
育てられました。
養父母たちは双子を結婚させるべきだと決め、二人は夫婦となりカハラオプナが生まれました。
カハラオプナは神のような家系に生まれ、渓谷の奥の森にあり柵に囲まれ外部の人間が
近付くことのできない家で大切に育てられ、この時代の最も美しい女性として成長しました。

カハラオプナには幼いころから許嫁がいました。カイルアのプリンス、カウヒはいつも虹が出るほど
美しいカハラオプナと婚約していることをとても誇りに思っていました。
そして、まだ顔も知らない許嫁に、いつもポイ※2や魚を送っていました。
しかし、このカウヒの祖先はサメの神カモホアリイ(火山の女神ペレの兄)で、
その血を受け継ぐカウヒは、とても残忍な性格でした。

ある時カウヒは、ワイキキでカハラオプナについての噂を耳にしました。
それは、世間の人たちにいつも眉を顰められるようなことばかりしている男たち(クマヌアとケアワア
が、カハラオプナがレイを身に着け自分たちを誘惑してきた、というのです。
その噂を信じたカウヒは激高し、カハラオプナを殺害しようと決意しました。

カウヒカハラオプナの家に行き、彼女を連れ出しました。
従順なカハラオプナは、初めて会ったカウヒについて行きマノア渓谷のアイフアラマに行きました。
そこでカウヒカハラオプナに殺意を告げ、持ってきたハラの実の房でカハラオプナ
殴り殺し土に埋めたのでした

ハラの実   Josh TatofiのLei Halaのレイはこのハラの実で作られたレイです。画像は熟していないハラの実で内側は青白く、熟していくと黄色、オレンジ、赤へと色づいていきます。

コアの木

カウヒが去ったあと、カハラオプナのアウマクア(守護神)であるプエオ(フクロウ)がカハラオプナ
掘り起こし蘇生させました。
生き返ったカハラオプナカウヒの後を追い、無実であることを訴えました。
しかしカウヒカハラオプナを信用せず、マノア渓谷のヌウアヌの尾根にカハラオプナを連れて行きました。
そして今度はハラの枝でカハラオプナを殴り殺し土に埋めました。
カハラオプナは再びフクロウにより生き返り、カウヒを追っては信じてほしいと懇願しました。
これを数回(4回または6回とも)繰り返し、最後にカハラオプナを殺したカウヒは、
プエオ(フクロウ)に掘り起こされないようにと、複雑に根が絡み合うコアの木の根元に埋めました。
これにはプエオ(フクロウ)もカハラオプナを助けることができず、諦めて帰ってしまいました。

かわいそうなカハラオプナ。濡れ衣を着せられたまま、若くしてコアの木の根元で
生涯を終えるのでしょうか・・・。カハラオプナ後編に続く。後編を楽しみに~
火曜サスペンスみたい(笑) だだだだだ~んっ

【解説1】
※1 アウマクア
守護神、家族神、先祖神。古来ハワイでは、自然崇拝、先祖崇拝に篤く、亡くなった先祖が神となって
一族を守ると考えられていた。アウマクアにはサメ(マノ)、フクロウ(プエオ)、ウミガメ(ホヌ)、
ヤモリ(モオ)などが多い。

※2ポイ
タロイモに熱を通し潰した料理でポリネシアでは主食とされる。

✰因みに、カハラオプナの曲はこれらの殺人シーンを歌にしたのではないですよ

 

 

 

関連記事